| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

私のお気に入りPART 4...かな?

どうも!最近寝るのが遅い水浅葱です!

今日は、とんでもない事が起こりました!

・・・が、そのことに触れるのはもう少し後にしましょう。

なぜって・・・?触れる勇気がないからです・・・。



と言うことで「私のお気に入りシリーズ」行きましょう!

PART4らしいです。

今日のお題は「言葉」です!





「nothing's gonna change my world」

ビートルズの曲「アクロスザユニバース」からの一節です。

ジョンレノンが歌っています。

「何ものも僕の世界を変えることが出来ない」

いつも心に置いている言葉で、この言葉が僕を変えたのです。

前向きな性格へと。

もうね、本当に・・・。



「少年である君へ 伝えたかったことは

何も無理して はしゃいで楽しい日々を

作ろうとしなくていいってことさ

つらくて さびしくて

よごれたあの日の思い出が

突然輝きだすことが 人生にはある

最後のページに 私は「私」が好きでした

と書ければ それはすばらしい

「私」という名の 物語」



武田鉄矢の言葉です。

熊木杏里の「私をたどる物語」のTVライブバージョンの序盤で

武田鉄矢がこれを朗読していました。

武田鉄矢だからこそ言える言葉だと思います。

というより、金八先生?

目の前でこの言葉を言われたら泣いてしまいそうです・・・。

この「私をたどる物語」と言う曲にも色々良い言葉が入っています。

大好きな歌です。

一度聞いてみてはいかがでしょうか?




「自然に生きればいいわ 川の堰に草が生えるように」

「She bid me take life easy,As the grass grows on the weirs」

ダウンバイザサリーガーデンズと言うアイルランドの伝統的な歌の一節です。

この言葉の後に

「だけど僕は若く愚かだった今はただ涙に暮れるばかりだ」

と続きます。

その前の歌詞に

「恋はあせらず 柳の木が茂るように」

「だけど若く愚かだった僕はそれが分からなかった」

という部分もあります。

凄く、おくが深い言葉でして。

正直意味がよく分かっていません。

ですが、それはおそらくこの歌詞に出てくる「僕」も同じなのではないでしょうか?

大きくなり、大人になったとき。

その意味が分かるのかもしれません。

と言うことは私はまだ子供。

大人になるのはまだまだ先です・・・。

どんなに大人っぽく振る舞っても、大人っぽい事を言ってみても。

僕はまだ子供なんです。





なーんてな。






ヾ(^_^)BYEヾ(^_^)BYE
スポンサーサイト

| 私のお気に入り | 21:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

あぁあぁ〜津軽海峡冬ぅぅうぅう景色いぃいぃいいい

どうも!弟のせいで頭から津軽海峡冬景色が抜けない水浅葱です!


今日はですね、塾がありました!


水曜日は理科の日!

うん、とりあえず行き帰りがやっぱり寒かったです。

自転車に乗っているとね、風が何倍にもなって襲ってくるわけですよ・・・。

ああ、これからどんどん寒くなるのね・・・きっと・・・。

って、これ昨日話しましたね(笑


と言うことで行きましょうか!


「私のお気に入りシリーズ」


今日のお題は「ゲーム」です!




「ゼルダの伝説シリーズ」

もうね、これはね!

大好き中の大好きの中の大好きなゲームです!

これに関してはオタクかもしれないと言うくらい好きです!

オタクって言われるほど詳しいことが頭に入っていないですけれど・・・。



任天堂の代表的な作品です!

緑の服に身を包んだ勇者がハイラル世界を救う!

初めてやったリンクのソフトは「夢幻の砂時計」

「風のタクト」というゲームの後日談という形と言うべきでしょうか?

それからリンクにはまり、その後64の「時のオカリナ」を購入しさらにはまり。

GBの「夢を見る島」DSの「大地の汽笛」64の「ムジュラの仮面」を購入!

夢を見る島とムジュラはまだクリアしてないや・・・。

とにかく本当にもうね、語ると止まらないのでこの辺で・・・。




「大合奏バンドブラザーズDX」

これは今でも時々使っているゲームです!

作曲機能がついていまして。

曲を思い付いたときのメモや、編曲のメモ、耳コピのメモなどに使っています。

ゲームとして扱っていませんが、オススメです!



「レイトン教授と最後の時間旅行」

曲がよかったので購入したゲームです。

一度やってみたかったから買ったとも言えます♪

ゲームですがストーリーがわりとよくてラストは感動して泣いてしまいました!!

雪の降るロンドンの夜景が映りアンサリーの曲が流れる・・・。

これは反則です!!

謎解きがわりと難しかったです。





そのほかにも色々ありますが今日はこの辺で。



今日はCSI:マイアミの日だ!
お風呂早く入らなくては!





あー、ゼルダやりたい・・。


ヾ(^_^)BYEヾ(^_^)BYE

| 私のお気に入り | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

今日はほら、木曜日ですし

どうも!男子の水浅葱です!

今日は・・・いつも通りでした。
何も変わらず、いつも通りの一日でした。

まぁ、そういう日があっても良いですよね・・・。
塾の宿題をやって、ピアノ弾いて、映画見て、CSI見て、ギター弾いて、絵を描いて・・・。
何も変わらんランランラン♪

てなわけで。
私のお気に入りシリーズいきたいと思います♪

シリーズというか、今日初めてやりますが・・・。
とりあえず、私のお気に入りの物を言っていくと、
ただそれだけです・・・。

今日のお題はずばり!
「本」です!

音楽の話はよくするけれど、
ほんの話題はあまりしていなかったので♪
では、さっそく。


「リトルDJ〜小さな恋の物語〜」

中学三年生の時に買った小説です。
学校で読むために買ったのですが、買った当日に読み終わってしまいました・・・。
でも、学校で読まなくてよかったと読んだときに思いました。
すごく感動して涙が止まらなかったのです!

野球の試合中に突然倒れ、海辺の病院に入院することになった太郎は、院長である大先生の提案で院内放送のDJを務めることになる。病室に響く懐かしいメロディーやゲストトーク…、次第に院内は明るく優しい空気で満たされていった。そんな時、太郎は同じ入院患者の少女・たまきに出会い、初めての恋を経験する…。【アマゾンより】

本当にオススメです!
今でも思い出すたび涙が・・・。


「天使の靴」

感動しましたよ・・・。これは学校で読んでしまって・・・。いや、もう本当・・・。
本当に大切な物が分かる本です。

週80時間働く弁護士ロバート。仕事に追われ人生の意味を見失いかけていた彼は、ある夜ひとりの少年と出会う。少年は、病気で死にゆく母への最後のプレゼントを探していた。人生とは、家族とは、愛とは何か。ページをめくるたびに胸を熱くさせる感動の物語。

構成的に弁護士の話と少年の話が交互に出てくる感じです。
1文字1文字をしっかり読んで、最後のページを開くと・・・。
まるで映画を見ているような気分になります。
これを題材に曲を作成中です・・・。


「Itと呼ばれた子」

私を変えた本です。
もう、これがなかったら今の私はいません。

「なぜ、ぼくだけがこんな目に?」―母親に名前さえ呼んでもらえない。“That Boy(あの子)”から、ついには“It(それ)”と呼ばれるようになる。食べ物も与えられず、奴隷のように働かされる。身の回りの世話はおろか、暴力をふるわれ、命の危険にさらされ、かばってくれた父親も姿を消してしまう―児童虐待の体験者がその記憶をたどることは、きわめて苦痛と困難をともなうものだ。本書は、米国カリフォルニア州史上最悪といわれた虐待を生き抜いた著者が、幼児期のトラウマを乗り越えて自らつづった、貴重な真実の記録である。

シリーズでして、一応全作読んだのですが・・・。
「この子を見習わなければ、このままではダメだ!」
そう感じることが出来ました。
一冊は手元に置いておくべき本だと思います。


危険な遊び

私を小説の世界に連れ込んだ問題作です。
これほど緊張して読んだ本は今までにあったでしょうか?
「この後どうなるの!?え!?嘘でしょう!?そんな・・・え!?」
驚くばかりの作品でした。

母を病気で失い、父は仕事で海外へ―。12歳のマークはひとり、親戚の家に預けられることになる。マークを歓迎してくれたのは同い年の従兄弟で利発な天才児のヘンリー。「きみはお母さんの死んだ顔をちゃんと観察したかい?」―。ある時、ぞっとするような言葉を口にしたヘンリーは死のゲームにマークを誘う。彼は狂っている―。でもマークの悲痛な訴えを聞き入れてくれる大人はいない…。

読み終わった後、しばらく呆然としました。
なんと言うことだ!!
その言葉が一番最初に浮かびました。
残暑厳しい中、ぞくぞくするような興奮が欲しい方にオススメです・・・。


ちなみに、全部ブックオフで買いました♪
あのお店は便利です!

さて、今度は何の本を読もうかな!






理科の参考書か・・・。

ヾ(^_^)BYEヾ(^_^)BYE

Little DJ―小さな恋の物語 (ポプラ文庫)Little DJ―小さな恋の物語 (ポプラ文庫)
(2008/06)
鬼塚 忠

商品詳細を見る



天使の靴 (ポプラ文庫)天使の靴 (ポプラ文庫)
(2009/12/05)
ドナ ヴァンリアー

商品詳細を見る



“It”(それ)と呼ばれた子 幼年期 (ヴィレッジブックス)“It”(それ)と呼ばれた子 幼年期 (ヴィレッジブックス)
(2002/09)
デイヴ ペルザー

商品詳細を見る



危険な遊び (竹書房文庫)危険な遊び (竹書房文庫)
(1994/02)
トッド ストラッサー

商品詳細を見る

| 私のお気に入り | 21:21 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。