<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

何とか成功!夢里人形館!

本日。私たち3年にとって、最後の演劇公演(大会)がありました!
ついに今日で演劇部引退と考えると頑張ってやろうと思いましたね。

今回、私たちの演劇部は「人形館それから Part2」という演劇をやりました。
有名な台本「人形館」の続編です。
私が演じた役は「夢界専門探偵・公司一茶」通称「公司探偵」です。
なんか・・・不思議な役です。

さて、その舞台。
私たちは三番目の出番。
それまでずっとドキドキ。
台詞が抜けないだろうか、しっかりと声が出せるだろうか・・・。
そのドキドキのせいなのか、水をがばがば飲んでしまいました。その、喉が渇いて。

しかし、二番目の学校の公演が終了すると、不思議と緊張しなくなりまして。
「早く舞台の準備するぞー!」
みたいな感じに張り切っていました。

が、開演5分前のブザーが鳴ると共に再び緊張におそわれました。

そして、幕が開く・・・。

最初は公司探偵の語りから始まります。
無論、舞台上には私一人。すごく緊張。

その次のシーン。公司探偵が夢里人形館内に入り偵察(?)をするシーン。
ここでも緊張。ずっと緊張。

うーん。1つ1つ説明していると面倒くさいので、記憶に残ったところのみ説明します。

その後公司探偵は人形達に捕まり、夢里裁判所が開かれるのです。公司探偵を裁く(追求)するために。
しかし、そこで人形達は信じられないことを知らされるのです。
で、私は「その信じられない事」が上手く言えなかったのです。

どういう事かというとですね。
夢里人形館にすむ人形達は「心の時間」が止まっていてですね。
人形達はそのことを知らないのです。そのことを公司が伝える場面。
「ここの時間を動かすためです」
公司、どうどうという!
「いや、君たちの心の時間を動かすためです!」
さらにどうどうという!
・・・しかしこの後!ミスを犯してしまいます!
本当は「それは、君たちも薄々感ずいていること何じゃないのか?」と言わなくてはならないのですが。
私、思いっきり変なふうに言ってしまったのです。

「それたちは!きみたちは!も!うす!う・・・すみません。もう一度いいですか?」

えっと・・・何語?
それたちってどれ達?というかそれたちって何?も、うす、うって何?
ってなかんじになってしまったわけです。
でも、そこの所は他の部員さん達がカバーしてくれたので得には目立ちませんでした。よかった。 

私の犯したミスはこれくらいしか思い付きません。
おそらくもっといっぱいしているんだと思いますが・・・。

それで。問題はここから!
なんとですね!
この演劇で「特別賞」をいただいてしまいました!
すごく驚きです!本当!ビックリしました!
まさか最後の最後に賞をもらえるとは!
本当!もう感激で涙が出そうでした!

あ・・・もう眠たくて書きたいことが思い付かない・・・。
えー、続きはまた後日に・・・。

では皆さん。お休みなさい。
スポンサーサイト

| 学校の事 | 21:20 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お疲れさまあぁぁぁ!!

本っっ当にお疲れさま!!

最後に賞が取れて本当に良かったよね!!!

とりあえず疲れました。
いや、とにかく疲れました。
それ以上に、水浅葱はもっと疲れてるでしょう。
ゆっっっっっくり休んでください!
公司探偵!
本当にお疲れさまでした!!!!

| 東雲 | 2011/11/06 08:28 | URL | >> EDIT

本当に、お疲れ様です!

最後の最後に、とってもいい思い出ができたよね!!
本当、おつかれさまーーーーっ!!
水浅葱も東雲も今日はゆっくり休んでくださいな!

| 蜜柑 | 2011/11/06 10:59 | URL | >> EDIT

初めまして。

初めまして!僕は長崎県在住の中3です。
実は11月に行われる文化祭で人形館を演じます。今は必死に練習に取り組んでいます。
そして、実は最近、人形館それからpart2があるという話を聞きました。是非、台本を読んでみたいと思いましたが、なかなか台本が見当たりません。もしデータなどをお持ちでしたら譲って頂けないでしょうか?御連絡お待ちしてます!

| | 2013/10/26 22:03 | URL | >> EDIT

Re: 初めまして。

空さん、初めまして。
ご訪問、ありがとうございます!

今、中学時代に使っていた演劇のファイルを探したのですが、
中身が入っておらず。
どうやら処分してしまったようです(泣)

申し訳ございません!

記憶だと、何かの演劇雑誌に載っていると思います。
作者のインタビューみたいなページが一緒に印刷してあったので…。

お役にたてなくてすみません orz

| 水浅葱 | 2013/10/27 14:23 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://mizuasagiwagamichi.blog.fc2.com/tb.php/39-41f194bd

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。